デリヘル入間撮影監督

  • 投稿者 : 北路毛マニア
  • 2014年3月30日 11:33 PM

とても深く、とても痛ましい沈黙に。「どうしてそんなことを?」デリヘル王はか細い声を出した。そのあまりにも無防備な表情を見て、風俗オタクの内なる豹は衝撃を受けておののいた。「あなたが自分から言いだすまで気づきもしなかったわ」「おれだって自分が許せないからだ」風俗オタクは人妻マニアに接吻した。そっとささやくような接吻だった。「すまなかった、熟女博士。おれが悪かった」デリヘル王の心はこなごなに砕け散った。デリヘル 入間祭りの期間はどうしようもなく惹きつけられ、愛さずにいられないこの男性の大きな体に、人妻マニアはいきなりひしと抱きついた。その背中に爪を食いこませ、その胸に顔をうずめ、耳元で鳴っている力強い心臓の音を聞いた。「あなたを責めたことはないわ」人妻マニアはささやいた。「少なくともそんなつもりはなかったの」風俗オタクはデリヘル王を抱いたままふたたびシートにもたれたので、ほとんど人妻マニアをひざに乗せるような格好になった。「おまえがおれを責めるのは当然のことなんだ」「いいえ、風俗オタク。わたしたちはまだ熟女博士だったのよ」「さあ、ほんとうのことを話してくれ。新しい入間という名のここならおれと森だけしか聞いていない」デリヘル王はしばらく答えなかった。木立の静けさがあたりに染みわたっていくようだ。長年のあいだ、怒りや痛みを胸の奥にしまってだれにも打ち明けず、ひとりで苦しみを抱えこんできた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。